☆  miuofstars  ☆ Rotating Header Image

「姉」 | Older Sister

P1010196
「これが...サクの新しいお姉さん...か。」
“This is…. my new older sister….”
そうだよ。あけてみれば?
That’s right. How about you open it?

P1010197
「秋山澪...だって。」
“Akiyama Mio…. is what it says.”

P1010202
「ね、本当に...いいのか。」
“say, is it…. really okay?”
何が?
What is?

P1010205
「何も...変わらないよね?いつも...」
“nothing…. will change, right? always…”
んん?
Hmm?
「...なんでもないよ。」
“…. nothing.”

P1010216
「うわぁ~!みてよ、この箱!でっけぇ!ね、ね、家具作れよ~ベッドとか~」
“Uwaa~! check out this box! it’s huge! hey, hey make me some furniture~ like a bed or something~”
後で考えるから、出てよ。
I’ll think about that later, get out now.

P1010219
「は~い。(っちぇ。ちょっと遊びたかっただけよ、何が悪いのよ、ちょっとぐらい。)」
“Fi~ine. (tch. I just wanted to play a little, what’s so wrong about that, just a little…)”

P1010226
「んんげっ...重いぃ...」
“nnnngeh…. so heavy….”

P1010230

P1010233
「ジー」
“*staaaare*”

P1010236
(modesty petals added)
サクちゃん、あけてみよう。
Saku, let’s unwrap her.

P1010238
「はい。(なんでサクがこんなことを...)」
“Okay. (why do I have to do something like this…)”

P1010242
はい、着替えできたよ。どう?気に入った?
Okay, clothes changing complete. So? Do you like it?
「はい。」
“Yes.”
気に入らないなら、遠慮しないで。
If you don’t, feel free to say so.

P1010248
「いいえ、これが十分いいです。ありがとう。」
“No, this is just fine. Thank you.”

P1010253
んじゃ、事情を説明するね。この家には、もう一人の子がいるよ。
Well then, I’ll explain the situation now. In this house, there’s one more girl.
「そうですか。じゃ、私はー」
“I see. Then, I’m-“
あ、いえ。ミオはお姉さんだから...
Ah, no. Mio is the older sister, so…

P1010254
「お姉さん。。。ですか。」
“Older sister….”

P1010260
「...」
サク。
Saku.

P1010261
「ん?」
“hm?”
おいで。ミオ姉に挨拶を。
Come here. Greet Mio properly.

P1010267
「...」
(なんと無口になったな...大丈夫かしら...)
(she’s become pretty silent… I wonder if this is okay…)

P1010272
「ミオです。よろしくお願いしますね、サクちゃん。」
“I’m Mio. Pleased to make your acquaintance, Saku-chan.”

P1010273
「...」
. . .

P1010275
「...」
...(溜め息)ごめんね、ミオ。サクに、ちょっと時間をー
…. (sigh) sorry, Mio. Just give Saku some time-

P1010277
「あのね、さくちゃん。きっと、サクちゃんに、とても突然ですね。私だって、突然ですよ。」
“You know, Saku-chan. This is probably very sudden for you. It’s sudden for me, too.”

P1010281
「でも、だからこそ、仲良くしたいのです。できれば...サクちゃんに、素敵なお姉さんになりたいのです。させてくれば...」
“But, that’s why, I’d like to get along. If possible…. I’d like to become a wonderful older sister to you. If you’ll let me…”

P1010282
「...」

P1010283
「...あのさ。」
“… you know…”
「はい?」
“Yes?”
「言っとくけど、サクは妹なんですよ。」
“I’m saying this just in case, but, I’m the little sister, you know.
「はい、もう分かりました。お姉さまのほうから知らせていただきました。」
“Yes, I already understand that. Oneesama informed me of this.

P1010284
「だ・か・ら、サクのほうはイ・モ・ウ・トだから、なんでその警護使い続けるのですか?」
“I’m telling you, I’m the little sister, so why do you keep using such polite language?”
「いや、それは、その、まだ、会ったばかりなので、でないと、失礼っていうか、よくないっていうか...(慌)」
“Ah, no, I mean, that is, we’ve just met so, if I didn’t, I thought, maybe it’d be rude, or not good… (flustered)”

P1010287
(「大丈夫なのか、この子は?」)
(“This girl… is she okay?”)
(…たぶん。)
(…probably.)

P1010289
「と、とにかく!仲良くしてよね、サクちゃん。」
“A,anyway! Let’s get along, Saku-chan.”

P1010292
「ね?」
“Okay?”
「ん...」
“nn….”

P1010296
サク...
Saku…
「...」

P1010297
「ね?サクちゃん...いい子にして。」
“Okay? Saku-chan…. be a good girl.”

P1010312
「...はい、ミオねえさま。」
“….yes, Mio-neesama.”
(...喜ぶところか。まだ...不安な感じで...)
(…. should I be happy? I still… feel uneasy about something….)

Social Media Auto Publish Powered By : XYZScripts.com